寒い時期になると、ついついカロリーの高いものを食べすぎてしまいますよね。

そんな時の強い味方が鍋です。

鍋は野菜がたっぷりで低カロリーですし、食べた後は体がポカポカ温まります。

しかも白菜やシイタケなど食物繊維が多いものを入れれば、お通じも良くなります。

まさに良いことづくしの鍋、ぜひダイエットにも取り入れたい…。

そんな風に思っている方必見!鍋で美味しくヘルシーに痩せる方法をご紹介します。

自由自在に好きなものを具材に出来るのが鍋の良いところです。

昨日が鶏肉なら今日は豚肉、たまには牛肉にしても良いですし、海鮮鍋も美味しいです。

筋肉を作るにはタンパク質が不可欠ですので、まずはこれらの食材でタンパク質を取りましょう。

豆腐もボリュームがあって良いですね。

お肉類などで多少の脂質は必要ですが、ご飯やうどんなどの炭水化物は極力控えましょう。

そして次は野菜です。

野菜も白菜や人参など定番の他、レタスや豆苗なんかもシャキシャキして食べ応え抜群です。

白滝は麺の代替になりますし、満腹感もあって食物繊維が豊富です。

最近ではこんにゃくを原料にしたカロリーの少ないお米も販売されています。

これがあればご飯を使わなくても〆の雑炊になりますよ。

鍋は、入れる具材を変えて、色々な組み合わせを作っていくことができます。

しかし、ダイエットに良い鍋ですが、さすがに毎日だと飽きてしまう心配があります。

そんな時はスープの味を変えてしまいましょう。

鍋の味付けにはキムチ、塩、味噌、豆乳などバリエーションが様々です。

変わり種でいけば、シチュー鍋やカレー鍋などの珍しいメニューもあります。

最初に塩味の鍋を多めに作り、そこから味を変えていけば効率よく派生メニューになります。

同じだと飽きてしまいますが、毎日違う味付けにすれば美味しく食べられますね。

しかも、「切った材料を好きな味のスープに入れて煮込むだけ」と鍋は作り方も非常に簡単です。

これなら、会社勤めで忙しい人も手間をかけることなく作ることができます。

小さい土鍋が売っていますので、それを使えば一人暮らしの方でも十分鍋を楽しめますよ。

また、モヤシやキャベツなどの安い食材を具材にすれば節約にもなります。

その時の懐具合によって、鍋に入れる具材を変えていきましょう。

このように、寒い冬は温かい鍋を食べて上手にダイエットすることがおすすめです。

心も身体もポカポカになりますし、カロリーが低いのに満腹感も抜群ですよ。